■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる


■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2018/5/17


減量には、
パンのほうがいいと感じている人が多いようですね。

実際、ごはんは、ウエストにガッツリときます。
少量でも重さがあるので、減量をしている人の中には、
控えようとする人が多いようです。

たしかパンは
かわいくて、食べやすく、味も濃くて、軽いし、すぐに空腹を満たせます。

しかし、ちょっと待ってください。
食べればすぐに満腹感を得られますが、
またスグにウエストが減りやすいと思いませんか。

小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られます。
しかし吸収が早いぶん、血糖値は急上昇のあと急降下で元に戻り、
腹持ちが悪く、すぐにまたウエストがすいてしまうのです。

少量のパンで一時的に空腹を満たせても、
すぐにウエストが減ってしまい、またパンを口にする…
結果として、ごはん以上に高カロリーをとることになりがちなんです。

そして忘れてならないのは、
意外と油分を多く使っているということです。

何もつけずに、パンだけを食べる人は少ないでしょう。
味付けのためバター、チョコ、クリームなどの
油分を使うことになる場合がほとんどのはずです。
そのため、パンは少量でも意外と高カロリーになるのです。

しかし、ごはんは違います。
パンよりも消化が悪いため、満腹感が長く持続します。
ですから、パンよりもごはんのほうが腹持ちがいいのです。

ゆるやかに消化され、血糖値もゆるやかに上昇し、
体質への負担も小さいのです。

「パンにするか、ごはんにするか」
減量が成功するかどうかは、ここで決まるのです。


藤丸敏ドットコム
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/profile/ya40007007.htm
藤丸敏

柏 賃貸ドットコム
https://www.townhousing.co.jp/shop/kashiwa/
柏 賃貸

活性酸素
https://www.suplinx.com/shop/c/c202515/
活性酸素、今すぐ


ホーム サイトマップ