■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2019/2/13

内臓脂肪は健康を害するリスクを高めますが、
有酸素運動を行うことで、皮下脂肪に比べると、
脂肪が素早く落ちるというメリットがあります。

しかし、有酸素運動は、
体質を引き締める筋肉は付きにくいという特徴もあるので、
ダイエットのためには、
筋肉を鍛える無酸素運動を行う必要もあるのです。

有酸素運動と、無酸素運動を組み合わせることによって、
筋肉の量が増えることで内臓脂肪を落とし、
皮下脂肪も燃焼しやすい体質を作ることができます。

筋肉が付くことで、体質は引き締まりますので、
アンチエイジングを考えたダイエットが実現できるんですね。

有酸素運動で代表的なのは
ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリングですが、
どの有酸素運動でも、きちんと呼吸を行って、
リラックスしながら行うのが良いみたいです。

呼吸を行うというのは、
ウォーキングやジョギングでも
会話ができるスピードをキープするという意味です。
会話を楽しみながら…というのが理想的なんですね。

無酸素運動は、
運動器具や短時間で素早く走るランニングが良いのですが、
高い運動器具をわざわざ購入する必要はありません。

ダンベルを使って、
ひとつひとつの筋肉を
じっくり鍛えるだけでも十分に効果がありますよ。

ただし、体質に無理をさせないくらいに設定した、
重さのダンベルから始めるようにするのが大切です。

女性の場合は1キロくらいかでも十分に効果がありますので、
慣れてきたら少しずつ重さを増やすようにすると良いでしょう。

有酸素運動と、無酸素運動を組み合わせて、
理想の体質作りを目指しましょう!


ホーム サイトマップ