■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2018/12/14

減量中は
ご飯制限をしているので
食べたいものが食べられない…

このようなご飯制限によるストレスから
減量が失敗に終わる人は多いみたいです。

連日連日減量食…
これではストレスが溜まっても仕方がないですよね。

「減量中は食べたらいけない」
…といった強迫観念があるようですが、
減量は「食べない」ではなく、
「正しく食べる」ことが本当の減量なんです。

減量はストレスを溜めないようにすることも
重要な成功へのポイントです。

そしてストレスの原因の多くは
ご飯制限によるものです。

ご飯制限でストレスを溜めないためにも
1週間に24時間だけ
好きなものを食べられる日を作りましょう!

1週間に1回だけでも好きなものが食べられる日を作ることで、
減量が楽しくなりますよ。

連日減量食で我慢していても、
楽しみができると、
ストレスの大幅な軽減につながりますよね。

1週間に1回だけ好きなものを食べるくらいでは、
太ることはまずないので、安心してください。
でも暴飲暴食はダメですよ!

1週間に1回好きなものを食べる!というやり方は
減量先進国のタイでは
多く取り入れられているご飯方法で、
とても効果的な方法です。

「食べない」ではなく「正しく食べる」ようにすれば、
太ることはなく順調に減量を継続させることができます。

今まで
「食べない」ことが減量と思っていた人は
頭をリセットして、食べることの重要性も
減量の大きなポイントとなることを覚えておきましょう!


ホーム サイトマップ