■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる



■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2018/3/21


シェイプアップで成功した人でも、
「リバウンド」を一度や二度は経験しているかもしれませんね。

あたくしも、辛い食事制限でシェイプアップしたのに、
簡単にリバウンドしてしまったという悲しい思い出があります。

では、
一度痩せた肉体をずっと保つにはどうしたらいいのでしょうか?

痩せた後も太りにくい肉体を作るには、基礎代謝のアップが必要!
それこそがリバウンドを防ぐ秘訣なのだそうです。

脂肪を落とすだけじゃなく、筋肉をつければ、
基礎代謝を高めることができます。

その筋肉を鍛えるトレーニングが、無酸素トレーニングなのです。
筋力トレーニングが知られていますが、
ダンベルトレーニングなどもそうです。

毎日少しずつ、
筋肉に負担をかける簡単なトレーニングを続けることが大切!

100メートル走や重量挙げなどは一般の方ではなかなかできませんし、
息をとめるような無酸素トレーニングなので、おすすめではありません。

おすすめのトレーニングは、女性でも手軽にできるような静的トレーニングです。
静的トレーニングとは、走ったり歩いたりして、
肉体を激しく動かすものではなく、
肉体を固定して行う運動のことです。

押したり引いたりして筋肉の収縮を持続させるタイプのものと、
筋肉を繰り返し使うものの2種類があります。

どちらも筋肉を強くすることに効果的ですので
1日数回1セットを毎日続けるといいでしょう。

太りにくい肉体を作るためには、
腕立てや腕立てなどで
ウエストやうで、あしの
筋肉を鍛えることが大切なんですね。

ウォーキングなどの有酸素トレーニングと合わせて、
無酸素トレーニングで筋肉を鍛えることが最も効果的なようですよ!

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局