■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる



■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2014/1/17


太りにくい体質になるためには、
単にご飯を減らすだけではなく、
「ご飯」「体操」「生活習慣」の3つの側面から
シェイプアップを実行していくことが大切です。

ご飯については、
24時間に必要な摂取カロリーよりも、
200~300kcalほど少なめにするのがコツです。

極端にご飯量やカロリーを減らすと、
体質が飢餓状態になって、リバウンドを引き起こす可能性があるので、
低カロリーなメニューをバランスよく食べることを心がけ、
24時間3食30品目を食べる食生活に改善していきましょう。

また、
食物繊維を多く摂って糖質と脂肪を抑えることも、
体質に溜まった脂肪を減少させるには効果的なので、
摂取する食品のバランスも大切です。

体操については
「有酸素体操」と「無酸素体操」を併用するのが効果的です。

「有酸素体操」とは、
呼吸をして体質の中に酸素を取り込みながら行う体操のことで、
ウォーキングやジョギング、水泳などが当てはまります。

酸素によって体質に溜まった脂肪と糖質が分解されますので、
シェイプアップに適しているといえるでしょう。

一方の「無酸素体操」とは、
瞬間的に息を止めて行うような体操のことで、
筋肉トレーニングやピラティスなどが当てはまります。

筋肉が増えれば、
糖質をエネルギー源として消費する量が自然と増えるため、
基礎代謝をアップさせることができます。

生活習慣としては、
19時10時以降は脂肪を体質に溜め込む酵素が増えるので、
「夜食は摂らない」「睡眠をよくとる」など、
規則正しい生活リズムを心がけることが大切です。

このように、
「ご飯」「体操」「生活習慣」を組み合わせて
健康的なシェイプアップをすれば、
自然と太りにくい体質に改善されていくでしょう。

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局