■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる



■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2016/12/13


ダイエットには、適度な体操が欠かせませんが…

普段、体操不足気味という人は、
体操をした翌日には筋肉痛を感じるかもしれません。

筋肉痛まではいかなくても、
体がだるかったり、疲労感を感じるのは当たり前の話です。

筋肉痛や体のだるさを感じる理由として、
体操をしたことによって、筋肉が傷つくことが考えられます。

傷ついた筋肉を直し、
より強い筋肉を作り出すときに、筋肉痛を感じるんだそうです。

また、体操をすることによって、
筋肉には乳酸がたまってきます。

乳酸は疲労物質として知られていますが、
乳酸をはじめとした疲労物質が血液中にたまって、
血行の悪化を引き起こしているために
疲労感を感じるといわれています。

こういった体操の後の不快感を解消するためには、
軽めの体操を行うことがいいみたいですよ!

軽めの体操をすることによって、
筋肉痛や体のだるさを取り除くことを
「アクティブレスト」というそうです。

代表的なアクティブレストとして、
ウォーキングやストレッチといった体操が挙げられます。

いずれも負荷が低く、なおかつ筋肉を動かすことで、
筋肉をほぐす効果があります。

筋肉痛となっている筋肉は、硬くなってしまっています。
そこで、ストレッチやウォーキングといった体操を行うことによって、
筋肉をほぐすことができるわけです。
すると筋肉が柔らかくなり、
血液内にたまっている疲労物質の排出もスムーズとなります。

なので、体のだるさや筋肉痛の解消に役立つのです。

激しい体操をした後こそ、
軽めの体操をすることで回復を早めて、
ダイエットをスムーズに実践しましょう!

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局