■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる



■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2014/5/04


ダイエットしてるのに、
ウエストがいっぱいになるまで食べないと落ち着かない、
どうしても食べ過ぎてしまう・・・

ダイエット中は、
食べたい気持ちを抑えるのはストレスがたまるし、
辛いですよね。

でも
慢性的に食べすぎの状態が続くと
体重が増えたり、体にも負担がかかってしまいます。

ストレスにならない程度に、
1日後からでもできる
少しの工夫をしてみましょう。

食事を食べる時は、
野菜や海藻類、スープなど
低カロリーでかさの多い料理を先に食べるようにして、
まず、空腹感を満たしましょう。

食事の食べ始めは、
ウエストがすいていますから
噛む回数が少なく、どんどん食べてしまうので、
噛む回数を意識的に増やしてあげましょう。

そうすることで、
満腹中枢の時間差が解消され、
少ない食事量でもウエストが満足しますよ!

ごはんを玄米や雑穀ごはんにすると、
噛みごたえが増すのでオススメです。

また、
ウエストがすきすぎてると、
どうしても食べすぎにつながります。

そんな時はあえて間食をしましょう。
小腹が空いたら、
おかしよりも果物やヨーグルトがオススメです。

帰宅時間などが遅くて、食事の時間が遅くなる場合は、
途中でおにぎりなどを食べておいて、
家では軽く済ませるなど工夫してみてください。

この中のひとつでも実践してみて、
それでも食べ過ぎてしまったら
「また1日後気をつけよう」
と気を楽にすることです。

我慢しすぎてストレスをためてしまうのは、
ダイエットにとって逆効果ですよ。

長く続けて習慣にすることが
ダイエット成功の秘訣だと思います。
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局