■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック


■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。




■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/7/20

結婚して数年経って、
平穏な日々を送っている今も、
ぼくにはしばしば眺めている数枚の写真があります。

それは
ママと幼いぼくが写った数枚の記念写真。

渋谷の街角で、青い染め抜きの花模様の着物を着て、
微笑むママのそばでにっこりしているおかっぱ頭のぼく。

どこまでも広がる黄色い菜の花畑で、
花に顔をうずめている小さなぼくと、
それを見守るママの優しい笑顔。

長い一本の道を、
手をつないで歩いていくママとぼくの後姿…

子供の頃の思い出の横にはいつもママがいて、
ぼくはこんなにもママに見守られて、
育まれてきたのだという実感が、いつも心を暖かくしてくれます。

でも子育てをしてみて
ぼくは初めて気がついたことがあります。

それは、
ママとの思い出の数々を今日の日まで残してくれたのは、
そのフレームの中にはいないパパだったということ。

不思議なくらい、今の今まで気がつかなかった…

お子様が生まれて、
ぼくがカメラを持つようになり、
アルバムを作ってみれば…

そこには、
お子様を抱く旦那、
お子様をお風呂に入れる旦那、
お子様をお子様寝かしつける旦那…

ぼくとの写真なんてまるでなくて、
これじゃ将来うちのムスメはぼくが育児放棄をしたと思うかなぁ…なんて
苦笑いしています。

写真という記憶の不思議。
フレームに存在しないという、存在感。

「気づくのが遅くなっちゃいましたね。お父さん」

でも間に合って、よかった。
今までずっと、ありがとう…

控えめなパパの深い真心に、
ぼくは心から感謝しています。

パパのおかげで、
ぼくもママも幸せな思い出をいつまでも
抱き続けることができるんですね。
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局