■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2014/5/28


筋肉をつけることこそが
エネルギーの消費サイクルを高めますから、
減量するためには、
適度な運動をすることが必要となってきます。

しかし、
あまり炎天下のときに運動をするのはキケン!

気温の高いときには、熱中症などで
病院に担ぎ込まれる人も少なくありません。

あまり気温の高い日に、かんかん照りの中、
運動をするのは、無謀ですから注意をしましょう。

「日陰で運動をすればいいのでは?」と
思うかもしれませんが…

日本は一般的に、夏場は湿度が高い!
確かに直射日光を浴びるのに比べれば
多少は暑さをしのぐことはできるかもしれません。
が、あまり暑さの面では変化がないのでは?

「猛暑日」などといわれるような、
気温が35度を越える中で
運動をするのはキケン極まりないですよ!
猛暑日の運動は避けるようにしましょう!

もしどうしても運動をしたいという人は、
日が落ちたあとの夕方に運動をするといいでしょう。

太陽が沈むだけでも、かなり気温は下がります。
夕方になれば、
いくら高くても27度くらいには落ち着いてきます。
その分、熱中症にかかるリスクも少なくなります。

また早朝に運動をする習慣をつけるのもいいかもしれません。

1日で一番気温が低くなるのは、早朝ですもんね。

あさちょっと早起きして運動すると、
その日1日を爽快に過ごすこともできるでしょう。

ただし、猛暑日であろうと、
気温の高めの日であろうと
屋内で運動をする分には問題はありません。

屋内でラジオ体操やラジオ体操をやるのもいいでしょう。

夏場は少し工夫をすることが、
減量成功のコツですね。
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局