■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2016/11/21


「○○トレーニングですっきりスリムに!」という魅力的なトレーニングや、
ダイエットの為に、ジョギングやジム通いを
始める方も少なくありません。

ところが有酸素トレーニングと無酸素トレーニングを繰り返し、
体質の過剰な脂肪を燃やしても、トレーニングを行うだけでは、
なかなかダイエット効果に繋がらないんですよね。

よく、ケーキを1つ食べると、
そのカロリーを消費するのには、
ジョギングが半時間必要などと言われますが、
ダイエットを目的とするなら、
トレーニングだけでなく、食事制限をプラスして行う必要があるんです。

もちろん、ダイエットにトレーニングが無駄と言う訳ではなく、
トレーニングを行うことで、体質の代謝が上がり、筋肉量が増えるので、
太りにくい体質になりますから、トレーニングもしっかり行うべきです。

体重は多くないのに、見た目に太っているという方は、
筋肉という体質の土台が少ない為に、締りがなく太って見えるのです。

このような方は、冷え性に悩まされていることも多く、
トレーニングなどを行い、筋肉が増えていけば、
改善されることが多いみたいですよ。

筋肉が増えることで、体重が増えてきますが、
体質のバランスは良くなり、
洋服のサイズも変わっていることも多いのです。

内臓脂肪や皮下脂肪を落としたいのなら、
トレーニングと食事制限の両方を行う必要があります。

食事制限によって摂り過ぎていたカロリーを落とし、
トレーニングで筋肉をつけて余計な脂肪を燃やし、
美しい体質に引き締めていくのです。

つまり
「トレーニングだけ」という方法も、
「食事制限だけ」という方法も、
リバウンドしない健康的なダイエットにはならないわけです。

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局