■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2016/9/10


お酒が好きな方の中には、
減量を成功させることができない方が
多いようですね。

よくお酒自体のカロリーより、
一緒に食べてしまうおつまみが
高カロリーになることは指摘されていますよね。

自宅で手料理を食べながら飲むのならともかく、
外でお酒を飲む場合、
おつまみには油物が多くなったり、味つけが濃くなる傾向があります。

また、お酒を飲んだ後のラーメンの誘惑にも
抑えがたい魅力があります。

このように、お酒とおつまみのカロリーは要注意ですが、
もっと怖いものがあるんですよ!

それはお酒によって、理性が揺らいでしまうこと。

お酒を飲まない日には
就寝前に体操をしていたのに、
酔っ払ってしまっては体操どころではありません。

素面では習慣になっていたのに、
飲み会が入ると続行不可能になります。

更に、飲みすぎて二日酔いになれば、
当日どころか翌日も体操をお休みしてしまうことになります。

しかも、日々の生活でもキビキビした動きが難しくなり、
総消費カロリー、体操量もダウンです。

減量なんてどうでもいいや…
なんて気持ちになってしまうのは、まさにお酒の弊害です。

さらに、お酒が減量に大敵という理由は、
カロリーの問題だけではありません。

適量を楽しんでいる分にはリラックス効果もあり、
ストレス発散にもぴったりですが、少々飲み過ぎてしまうと、
肝機能が衰え始めます。

肝機能は代謝や解毒を司る重要な部位で、
減量とも密接な関係にあります。

減量効果を妨げない為にも、
なるべくお酒は控えましょうね!
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局