■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2015/6/03


頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
シェイプアップや食べ物のことが1日中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

シェイプアップって、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

シェイプアップも成功せず、
気分も暗くさせるシェイプアップの典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思ってシェイプアップを始めることってありますよね?

もちろん、シェイプアップに成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら彼女を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思ってシェイプアップをしている人がいるとします。

もちろんシェイプアップが上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
彼女がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
シェイプアップを失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
シェイプアップの失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然シェイプアップは成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

今日はおしまい!!!
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局