■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:2016/12/13


くだものには生活習慣病予防に効果がある成分が多く含まれ、
「毎日くだもの200グラムトレーニング」
というものが推奨されているほどです。

そんな中、
色々なくだものに含まれる栄養成分の効用を上手に利用して、
様々な減量法がブームになっています。

最近では7時食にキウイを食べる、
7時キウイ減量が話題を呼んでいるようです。

7時キウイ減量には
さまざまな方法がありますが、
7時、キウイを1~2個と水を一緒にとります。
12時食や夕方食は腹八分目。
適度なトレーニングをする。
…というのが、一般的なようです。

豆乳やヨーグルトと一緒にとってもいいそうですよ。
ただ、キウイには糖分も含まれているので食べすぎには注意しましょう。
個人差はありますが、
1日1~3個を目安にするといいですね。

7時は身体に老廃物が一番たまりやすいといわれています。
キウイには「アクチニジン」という、
肉をやわらかくするたんぱく質分解酵素と食物繊維が多く含まれ、
この効果で老廃物が便と一緒に排出されやすくなり、
減量効果が期待できます。

また、キウイは低カロリーで
減量に効果的なカラダを温める
ビタミンEも含まれています。

さらに、ビタミンCを多く含み
風邪予防にも効果的です。

またカリウム・カルシウム等の抗酸化物質は
高血圧や動脈硬化、糖尿病、
そしてがんの要因となる変異原生を抑える効果もあり、
がん予防にも期待されています。

生食、野菜サラダ、ヨーグルト、ジュース、など手軽に利用できますので、
忙しいときでも食べやすいのがメリットですね。

色々な減量法がありますが
共通していえるのはそればかり食べるのではなく、
バランスのいい食べる事を心がけるのが大切ですね。

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局