■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:2018/7/12


みなさん、グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

ダイエット中は、
ポジティブでプラスの思考を持つことも
大事だと思います。

ダイエットをしていても、
日々体重が減ると言うわけではないし、
飲み会などで食べたり飲んだりする日もあるので
体重が増える日があったとしても
仕方のない事なんですよね。

これ食べたら体重が増えるなぁ…
とか考える事こそがストレスとなり、
明日体重が増えてたり、体脂肪率が増えてたりすると
更にストレスを感じたりします。

ストレスをためると
それこそダイエットの妨げになるので、
「まぁいっか!」「こんな日もある」って
軽く考えるようにしてくださいね。
くちに出すだけでもそんな気になってくるので不思議ですよ。

食べる量が多いと太る!のが人間。
でも痩せる気持ちがあれば痩せられるのも人間です。
なので「そのうち痩せるだろう」って考えながら
ダイエットを楽しみましょう。

ダイエットとは、
辛い思い、死ぬ思いまでするものではなく、
幸せになるためにやるものですから、
ダイエットの方法や過程などを
楽しみながらやらなければ続かないでしょう。

後は、しっかりと自分の目標を持って、
そこを目指して、楽しくやるのがダイエットです。

苦しかったり辛かったりするのは、続きませんし達成できません。
その目標を達成しても、続けないと元に戻ってしまいます。
達成したら少し位は楽にしても
維持できるようにしなければならない…

つまり、ダイエットは生涯やり続けなきゃならない
ということになります。

生涯と聞くと
「無理」って思ってしまって、やらなくなってしまうので、
楽しく続けると言う事を心がけて、
「ダイエットと末永くお付き合いする」という
意識を持つようにしましょう。

嗚呼,いい気分
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックパーフェクト情報局