レーシックパーフェクト情報局

レーシックパーフェクト情報局

見逃すことの出来ないレーシック情報を《レーシックパーフェクト情報局》でご案内しています。
安心してレーシックをするために、まずはサイドメニューを熟読してください。多くの人が気になることかと思いますが、レーシックによって失明をしてしまうという心配があるかと思います。
失明という事例はこれまでに報告されていませんが、視力を思ったより回復させることが出来なかったということは稀にあります。レーシックというのは、目にメスを入れる手術ですので、どうしても心配をしてしまうかと思います。
しかし信頼することの出来る医師にレーシックをしてもらうことで、ほぼ確実に視力を取り戻すことが出来るのです。

 

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。




レーシックパーフェクト情報局ブログ:2018/7/20
減量は、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重は身体全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、一日に何度も体重計に乗る必要はありません。

減量中って、
一日に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

一日1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「朝方起きてトイレに行った後」
「真夜中お風呂に入った後」
などがおすすめです。

減量における重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

皆様も知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20〜25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはり減量が必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
日々測っても、あまり意味がありません。
7日間に1回、または2週間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ
レーシックパーフェクト情報局 モバイルはこちら